FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.26 過去記事・3
momohina さん(2004年12月1日)
時々寄らせてもらっていました。
今まで、そう6年くらいになりますかね、私は仕事柄、障害を持ってしまった方々(小児から高齢者すべて)の気持ちを知らなければその方々に良いケアは出ないことを主張しています。ですが、上司や同僚から、よく反感をかってしまうことがあります。
私は、言葉は悪いかもしれませんが、今はケアする側の立場に立っています。良く相談をされます。「これではいけない、もっと私たちが共感を持つことが必要なのだ」と強く感じています。私は健常者です。障害を持たれた方の気持ちをしらなけれなばらない、出来る限り気持ちの上で近づく努力をしなければならない。と思っています。
このBBSをみて、健常者の心のあり方とかかれたみらいさんの言葉に勇気をもらったような気がします。少し反感をかうのに疲れていたようです。「共感」というものをこれからも主張していこうと思います。
私のHPなどには、介護さんのみかたとなっているのですが、実は施設利用者さんや高齢者の方などからの相談が非公開で多いんです。これは形にしなければならないと思っていたのですが、なかなかできませんでした。来年からはその気持ちを大切にしたものに変えていこうと思っています。
来年に、私は事例発表(主催が全国になるか県になるか分かりません)がありますが、内容的には上記の内容を含めたものです。する側の方々へ良いメッセージになればよいのですがね。
みらいさん応援しています。また寄らせてもらいます。では失礼します。

みらい@管理人(momohina さんへ)
訪問ありがとうございます☆

私は、言葉は悪いかもしれませんが、今はケアする側の立場に立っています。良く相談をされます。「これではいけない、もっと私たちが共感を持つことが必要なのだ」と強く感じています。
私は健常者です。障害を持たれた方の気持ちをしらなけれなばらない、出来る限り気持ちの上で近づく努力をしなければならない。と思っています。
相手の気持ちを知る、どんな気持ちか想像してみる、受け止める、どのようなケアを望んでいるかわかってくる、こうした意味で、「共感」はすごく大切なことだと思います。共感だけで、相手の心にあるもの全てがわかるとは言い切れません。ですが、相手のペースに合わせて共感し続けることは、相手の生活の豊かさ、介護の質を左右する、大きなポイントの一つなのではと思います。

来年からはその気持ちを大切にしたものに変えていこうと思っています。
利用者さんなどの声、そこから改めて感じたmomohinaさんの思いを、事例発表を通して少しでも反映できたらいいですね。応援しています!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。