FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.26 過去記事・5
うりうり さん(2004年12月5日)
はじめしてこんばんは うりうりと申します
私は口蓋裂の娘を持つ母親です
このメールの3日後に娘の1回目の手術を控えています
娘は現在1歳2ヶ月です
これから娘もみらいさんの歩んできた道と近いところを歩んでいくと思います
私も主人もそしてもう一人の息子も健常であるがゆえに 娘がこれから立ち向かわなくてはならない さまざまなことに関してわからないことが多く不安がいっぱいです
でも、みらいさんやその他の口蓋裂の方々のHPなどを見て 少しでも当事者の気持ちや 周囲への働きかけなどへの参考にさせていただきたいと思います

みらい@管理人
うりうりさん、はじめまして。
娘さんの手術を目前に、こみあげてくるものが多いのではないかと思います。私は、人見知りがかなり激しくて、手術以外にも、入院中は泣きっぱなしだったみたいです。そんな私でしたが、今では自分から色んなことに挑戦できるようになりました。(←まだ完全に人見知りが直ったわけではありませんが)。親としては、余計に大変だったのではないかと思います。ですが、不妊症の末に私が生まれたので、「生まれてきただけで嬉しかった」と言ってくれました(祖母より)。私も、つらかった、苦しかった、そのことこそ、自分の財産なんだろうなぁって思っています。

これから娘もみらいさんが歩んできた道と近いところを歩んでいくと思います
私も主人もそしてもう一人の息子も健常であるがゆえに 娘がこれから立ち向かわなくてはならない さまざまなことに関してわからないことが多く不安がいっぱいです
娘さんからみても、親御さんの側からみても、色んな感情と戦っていかなければいけないかもしれませんよね。「言葉の贈りもの」という、HPのカテゴリーの中でも書いたのですが、壁よりも壁の向こう(不安の先)を考えてしまうかもしれない、でも、一つずつでも大丈夫なんですよ。少しずつ進んでいけたら、その分、ちゃんと手にしているものがあって、それが支えや自信となって、自分の中にきっと残っていきますから☆☆
まずは一回目の手術が無事に終わりますように、願っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。