FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベースボール さん(2005年4月6日)
はじめまして 僕は、口唇口蓋裂(両側)の当事者で、26になります。
言語機能は今でも上手く伝わらない言葉があります。それに加えて左上肢・左下肢にも障がいがあり、右聴覚はほとんど0です。小学校の頃、言語のことで先輩にバカにされ辛い思いをしてきました。今、県聴障の卓球でがんばっています。

口唇口蓋裂の子供たちへ 先輩として一言
バカにされようがなんだろうがその時は辛いかもしれないけど、めげてはいけない!なにくそと思ってがんばればきっとバカにされなくなるはず。実際僕がそうだったから。辛い時・悲しくなる時きっとあると思うけど負けないで!お互いがんばっていこう!^^

みらい@管理人
ベースボールさん、はじめまして。書き込みありがとうございます☆

小学校の頃、言語のことで先輩にバカにされ辛い思いをしてきました。今、県聴障の卓球でがんばっています。
私も小学校の頃は、別の学年の方に嫌がらせをされました…。でも今は、夢に向かって頑張ろうと思える大学生活を送っています!

口唇口蓋裂の子供たちへ 先輩として一言
バカにされようがなんだろうがその時は辛いかもしれないけど、めげてはいけない!なにくそと思ってがんばればきっとバカにされなくなるはず。実際僕がそうだったから。辛い時・悲しくなる時きっとあると思うけど負けないで!お互いがんばっていこう!^^
ベースボールさんの言葉が、口唇口蓋裂のことで苦しんでいる一人でも多くの方々に伝わりますように!!それと、つらいのは一人じゃないから、自分を苦しめている相手がいるとしたら、「その苦しさを乗り越えれば自分のほうが大きくて優しい人間になれるんだ」そう言い聞かせましょう。そして、自分の中にためこまないで、うまく気分転換ができなければ、どんどんこの掲示板に気持ちを書いてみてくださいね。

ベースボール さん(2005年6月1日)
ある日の夕飯の時、親父が僕が生まれた時のことを話してくれた。
僕は第一子であり長男であるため、親父は病院にカメラを持っていったそうです。しかし先生から、「口唇口蓋裂の子であるから写真は撮らない方がいい。」と言われたそうです。この話をしてる時、親父の目から涙が流れたんです。
「生まれた時も泣いたんだ。写真撮ってあげたかった…。」って
その後泣きながら、生まれた時のことT大学病院N分院での事を話してくれたようですが、よく理解できずそのままになってしまいました。
話を聞こうとすると、また親父が泣いてしまいそうなそんな気がするのです。
親父の涙…あの時はじめてみました。自分のことで親父の涙を見ることはもうないでしょう。僕が当時のことを聞かない限りは…

以前親父が僕が生まれた時の話をしてくれたときのことを、「親父の涙」と題して書いてみました。ちょっと実際とは違うところもありますが、こんな感じでした。
その後、僕は一切親父の前で口唇口蓋裂のことに触れたことはありません。親父の涙 見たくないですから…

みらい@管理人
書き込みありがとうございます。
わたしの場合は、高3の進路を決めるときでした。何年も子供ができなかったので生まれてきたときは嬉しかったんだよということを話してくれました。そのときは前触れもなく話されたので、わたしもなにがなんだかよくわからなくて涙が出ました。
今も親からは、口唇口蓋裂という言葉は聞いたことがありません。
打ち明ける時期やタイミングって、両者にとってすごく大切なものなんだと思います。

「生まれた時も泣いたんだ。写真撮ってあげたかった…。」って
その後泣きながら、生まれた時のことT大学病院N分院での事を話してくれたようですが、よく理解できずそのままになってしまいました。
話を聞こうとすると、また親父が泣いてしまいそうなそんな気がするのです。
涙は、嬉しいときも悲しいときも流れるんですよね。それと、気持ちがグチャグチャだったり、どんな感情なのかわからないけど胸がいっぱいのときも。。。ときには親子の壁によって、心のどこかでは悩んだり苦しんだりするのかもしれません。ですが、これまでと同じような“程よい距離”でいることも、関係を維持するためには悪くないんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。