FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふれいた2号改 さん(2005年8月22日)
みらいさん初めまして(と言うか鼻まゆげさんのBBSにてレスして頂いた)ふれいた2号改と言います。自分も口唇口蓋裂の1人です。あのレス拝見して、福祉学生さんなんだ~とちょっと味方が出来たような感じでした。と言うのも現在、授産施設に通いつつ、口蓋裂の修正的な治療を受けながら就職に向けた行動を行っているのですがそう言った方若しくは、「授産所」自体の知名度が低いんですよね。殆どの同じ患者さんは既に一般的な就労されている方が多く、自分のような30を過ぎた人があえて授産所通所を選択するケースは稀かと思っています。

話が長くなるなるのを承知で話しますが、当初は授産所自体の存在は恥ずかしながら自分も知らなかったんです。また、知的障害の方々が居られるのではと(差別的なイメージがあったのも事実)多少の戸惑いがありましたが事前の見学で払拭されましたし、感銘を受けて通所の決意をしたのがきっかけでした。
あれから早2年の月日が流れ多少なりともですが工賃(給料)も頂き日々精進しています。とりあえずは廃案となった障害者自立支援法案ですが可決の影響を考えると非常に怖いですね。ましてや利用者の中で真っ先に一般就労組のハンコを押される(仕方ないのは承知ですけど)と内心ビクついてます。また自己負担もあるらしいですから万一、可決の際はやむ得ず就職という形を選択するしか無いのかと危惧しています。(本当で有れば障害者の職業訓練学校に入学希望出していたのですがこの法案の浮上で微妙な情勢です)長くなりましたがプロフ&今の状況です。また改めて自己紹介しますので。

みらい@管理人
書き込みありがとうございます。

と言うのも現在、授産施設に通いつつ、口蓋裂の修正的な治療を受けながら就職に向けた行動を行っているのですがそう言った方若しくは、「授産所」自体の知名度が低いんですよね。
そうですね。わたしも、授産施設の知名度、存在は知っていても実際の中身の認知度は低いと感じています。老人ホームや療護施設などは、イメージと実際がそれほど変わらないと思うんです。でも、“授産”ってどんなところ?と聞かれると、正直わたしも実習前までは、教科書や法律上(身体障害者福祉法)での知識しかなく、誰かに自信を持って説明できる力がありませんでした。

多少の戸惑いがありましたが事前の見学で払拭されましたし、感銘を受けて通所の決意をしたのがきっかけでした。
そうですか。実習ではわたしも日々、授産施設の偉大さというか、魅力に出会っています。一緒に作業を行うなかで利用者の理解を深め、職員の業務を学び、思った以上に多くのものを吸収できました☆

とりあえずは廃案となった障害者自立支援法案ですが可決の影響を考えると非常に怖いですね。
そうですね。今の時期、実習を行っていたからこそ、より興味を持って当事者のニーズ(課題)を自分なりに考えることができているのかな??と思います。口唇口蓋裂の当事者としてだけでなく、福祉学生としても、引き続き注目していきたいです。

ふれいた2号改 さん
改めましてふれいた2号改と言いますm(__)m

両側口唇口蓋裂です。京都府在住の33歳男性です。
生まれて3ヶ月目で口唇OPをし、18歳までに11回の修正OP、暫くは就労等で治療はお休み状態でしたがこの2年前より、障害手帳を申請し、更生医療を使ってそれまで出来なかった腸骨移植、咽頭弁OP、下顎骨切りOPを行って来ました。内、骨移植は顎裂の大きさが予想以上(いい加減な判断で踏み切ってしまった為、埋まる筈もなく逆に骨が感染を起こし失敗。。。)今年度若しくは来年度初頭に再骨移植OPの予定です。通算で計15回のOPをしています。こんな自分ですが今後とも宜しく!!

みらい@管理人
骨移植は、わたしが受けたもので一番新しく(といっても、もう9年前ですが)曖昧な部分もありますが唯一状況を覚えている手術です。
感染を起こしてしまったんですね…わたしのいとこ(一歳上で、両側性口唇口蓋裂)が骨移植をしたとき、同室で同じ手術を受けた方も、思うように定着せず3回目で安定されたようです。
手術経過は、体験した方しかわからない不安もあると思います。次回の手術がうまくいきますように、ふれいた2号改さんが満足できるような形に落ち着きますように、願っています。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。