FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たえたえ さん(2005年11月27日)
はじめまして、私は口唇口蓋裂の患者です。(ちなみに26歳です)ここの皆さんの書込みを見て思わず今まで溜め込んでいた気持ちを書いてみたくなりました。

私は主人と出逢うまで自分の病気に向き合おうとしてきませんでした。ですから、自分の病気がなんなのか、どうしてなってしまったのか全然理解していませんでした。しかし主人と出逢い、病院通いしている事を話した時に色々と聞かれ、答えられなかったので、最後の入院をした時に先生に教えていただきました!主人に話すと一緒になって勉強をしてくれて、結婚する時も「関係ない!気にしない!」と言ってくれてこの夏に結婚する事ができました。
小さい頃はこの病気が原因でイジメにあったり元友人の親御さんからは「近づかないでくれ!」と言われた事もあり、両親を恨んだ時期もありましたし人と関わらないように避けてた時期もありました。しかし今は心の広い主人と結婚でき、友人たちも理解をしめしてくれ、とても幸せです。(未だに職場で人間関係がうまく築けないでいますが…)

わけがわからないことをダラダラと書いてしまい申し訳ございません。
こういうサイトがある事がとても嬉しいです。もっといろんな人にこういう病気について知って欲しいですね。

みらい@管理人
はじめまして☆書き込みありがとうございます!

主人に話すと一緒になって勉強をしてくれて、結婚する時も「関係ない!気にしない!」と言ってくれてこの夏に結婚する事ができました。
わたしも2、3年前まではほとんど知識がありませんでしたし、心のどこかで気にはしていたものの、一人で抱えていました。話した先輩や友達には肯定的に受けとめてもらうことができ、本当に嬉しく思っています♪

小さい頃はこの病気が原因でイジメにあったり元友人の親御さんからは「近づかないでくれ!」と言われた事もあり、両親を恨んだ時期もありましたし人と関わらないように避けてた時期もありました。しかし今は心の広い主人と結婚でき、友人たちも理解をしめしてくれ、とても幸せです。(未だに職場で人間関係がうまく築けないでいますが…)
わたしも心無い言葉を浴びたり、人と関わるのがこわくなったりしました。ですが、たえたえさんと一緒で、自分のことをわかってくれる人たちもいて、それをすごく幸せに感じています!!なので、避けたくなっても自信を忘れずにいたいなって思っています。

わけがわからないことをダラダラと書いてしまい申し訳ございません。
全然そんなことないですよ(^^)お話聞かせてくれてありがとうございます☆

もっといろんな人にこういう病気について知って欲しいですね。
そうですね。当事者の側(当事者だけ)が打ち明けていくのは不安などが大きかったりもしますが、少しずつ認知度が上がっていったらいいですよね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。