FC2ブログ

カウントstart 2007.2.25
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日と二日間に渡った講習会。

一人の患者さん(クライエント)が地域で安全に安心して生活していけるように、医療・保健・福祉のさまざまな職種の方々の連携したパス(アプローチ)の過程について学ぶことができました。
退院に向けた準備をしていくとき、どんなことを目標に掲げていけばいいか、自分がどの部分を担っているか、どんなことができるか、どんな方々がケースに関わってくるか…病院内で働くスタッフだけではなく、保健師や介護支援専門員などといった地域を担当している職種とも一緒に、パスの形についてグループワークを体験しました。
他職種(他病院/施設)の視点を聴けたことで、多くの気づきがありました。関わる職種ごとの役割分化は、実際は明確になされていることが難しいかもしれないけれど、段階を踏むときに切れ目のないような連携が、パスの課題になってくるのではないかと思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。